So-net無料ブログ作成

覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」−千葉県警(時事通信)

 覚せい剤を使用したとして、千葉県警佐倉署の警部補佐藤祐介被告(49)と知人の女(43)が逮捕・起訴された事件で、県警は28日、同日付で同被告を懲戒免職処分にしたと発表した。同被告は「数回使用した。取り返しのつかないことをした。後悔している」と話しているという。
 県警監察官室によると、佐藤被告は2008年3月から佐倉署の薬物銃器係長だったが、証拠品を調査した結果、同署が証拠品として保管していた覚せい剤などの紛失はなかった。保管期限の過ぎた証拠品については、書類上は適正に処分されたことになっており、同被告が持ち帰ったことがあったかどうかは不明という。
 佐藤被告は昨年12月8日ごろ、千葉県佐倉市の飲食店駐車場に止めた車の中で、女に覚せい剤を注射させ使用したとされる。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す

普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判(J-CASTニュース)
橋下知事の「大阪府・市」解体再編構想が波紋(読売新聞)
官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏(時事通信)
「スイッチ化の推進」などを今年の活動目標に―OTC医薬品協会(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。